カテゴリ:宮之浦の家( 8 )

新しい木楽な家『家事楽ハウス14弾』 完成しました!!

長い梅雨の中 外部の工事が進まなかったり、
天候に悩まされたのですが、新しい木楽な家『家事楽ハウス14弾』 ついに完成しました!!

e0273217_844463.jpg


玄関は屋根がそのまま下りてきます、
深い庇で守られた玄関は雨の日も安心です。

e0273217_8461248.jpg


玄関には大きな下駄箱です。

可動式の棚なので、ブーツ等の長い靴にも対応できます。

傘立ても内蔵していますので、玄関がすっきり片付けができる工夫をしています。

e0273217_8494123.jpg


広いLDKです。
和室の建具を解放すれば、一体となって使用できます。
実は窓の位置・大きさ等、広く見せる工夫があちこちにあるんです。

e0273217_852580.jpg


檜の壁板を使った浴室は定番です。

e0273217_8531690.jpg


洗面台横の収納も大工さんが造っています。
造れるものは造る・・・こんな考えです。

e0273217_854537.jpg


通路にもなる広いクローゼットも作っています。
通路の両サイドにたくさん物が置けるように、
高さが動かせる棚を造ったり、服がかけられるパイプを取付けています。

e0273217_8573797.jpg


e0273217_858172.jpg


キッチンや収納もどんな物をいれるのか?何を使っているのか?
こんな会話をしながら、寸法・デザインを決めて、木で造ります。

e0273217_8595940.jpg


いよいよお別れです、
これからは家族と一緒に家も歳を重ねていきます。
S様 ありがとうございました。





/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆>>>>尾堂産業 ホームページはこちら

☆>>>>尾堂産業 Facebookはこちら

☆>>>>スタッフの趣味 ・日常・家の考え方ブログはこちら

☆>>>>写真好きスタッフ写真ブログはこちら

☆>>>>スタッフInstagramはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2015-08-07 09:08 | 宮之浦の家 | Comments(0)

いよいよ完成間近!

宮之浦の家

いよいよ大詰めになってきました!

e0273217_19223890.jpg


外では犬走りと呼ばれる家の廻りのコンクリートも打ち終わり、
大工さんがウッドデッキを作っています。

このウッドデッキですが、束と呼ばれる部分は腐れにくいように薬剤を注入した材料を使い、
床板は耐久性のある屋久島から来た杉を使っています。

厳しい環境で育った木は耐久性が違います。

e0273217_1923895.jpg


浄化槽もフタの高さを調整して上部のコンクリートを打ち終わりました!
あとはブロワーと呼ばれる空気を送るポンプを付けたら検査を受けれます。


e0273217_1924463.jpg


内部では建具が入った後、クリーニングも終わり、
最終調整・器具付けが残るばかりです。

e0273217_19233173.jpg


今回は神棚スペース+仏間のある和室があります。
熟練の技のみせどころでした。

最近は本格的な和室が少なくなっていますので、
20年後は和室を造れる大工さんも少なくなっているでしょう、、、、
技術の伝承が課題です。

今週末の 8/1(土)・2(日)は見学会を行います。
広いロフトや、大きな大黒柱、
クローゼットを通路に使って家の中を廻れる間取りなど
今後の家造りのヒントがあちこちある平屋のお家です。

今後の告知をお待ち下さい。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆>>>>尾堂産業 ホームページはこちら

☆>>>>尾堂産業 Facebookはこちら

☆>>>>スタッフの趣味 ・日常・家の考え方ブログはこちら

☆>>>>写真好きスタッフ写真ブログはこちら

☆>>>>スタッフInstagramはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2015-07-27 19:28 | 宮之浦の家 | Comments(0)

足場も外れて外廻りの工事へ!

e0273217_162823.jpg



梅雨の晴れ間で外壁の塗装も終わらせて
足場が解体されると家の外廻りの仕事にかかっていきます。


e0273217_16283494.jpg


設備屋さんは水道や排水の配管をします。
排水は勾配をつけて浄化槽に流れるように高さを計画して、
配管を土の中に埋めていきます。

ここで間違うと流れが悪くなったり不具合が発生しますので、
重要な仕事です。


e0273217_1630241.jpg


浄化槽屋さんは浄化槽を設置しています。
設備屋さんに排水の高さを何度も確認しながら穴を掘り、
基礎のコンクリートを打ってその後浄化槽を設置していきます。
最終的にはフタで高さを調整です。



e0273217_162945.jpg



玄関では左官屋さんが仕上げています。
床は土間のたたき風に仕上げるのですが、
モルタルで縁を作ります。

角は欠けやすいのと見切るためです。

来月は見学会を予定しています。
今回も家の中を回れる間取りや屋根裏を利用したロフトスペース等 
楽しい暮らしができる工夫が沢山のお家です。
お楽しみに!



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆>>>>尾堂産業 ホームページはこちら

☆>>>>尾堂産業 Facebookはこちら

☆>>>>スタッフの趣味 ・日常・家の考え方ブログはこちら

☆>>>>写真好きスタッフ写真ブログはこちら

☆>>>>スタッフInstagramはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2015-07-17 16:37 | 宮之浦の家 | Comments(0)

壁の漆喰を塗り始めました!

e0273217_755874.jpg


長い雨もやっと途切れました、
このまま梅雨明けしないかな?と思うこの頃です。



宮之浦の家は内壁の漆喰塗を始めました!
 
この漆喰なんですが、ビニールクロスと違い雨の日は湿気を吸収して、
晴れた日にはため込んでいた湿気を吐き出す機能があります。

外はムンムンしている日でも、中はサラッっとした空気になるという事です、
玄関を入ったら空気が違うんです!

そんなことあるはずないっと思っていても、
玄関を一歩入れば一瞬でわかります。

これは体感以外にはないですね(汗

まずは漆喰を踏んで柔らかくしていきます、
始めは固めの粘土みたいだった漆喰も踏んでいくと
不思議なほどトロトロに柔らかくなっていきます。

e0273217_7534078.jpg


手前が踏む前 奥が踏んだ後なんですが、
袋が膨らんでいるのがわかるでしょうか?

踏み続けると締まっていた漆喰が柔らかくなって空気を含んでいき
膨らんでいきます。

その後は大きなバケツに移して機械でかき混ぜて壁に塗っていきます。

e0273217_7542471.jpg


この季節は塗った後、固まるのが早いので時間との勝負です、
柱や梁のキワをきれいに塗りながらパターンを付けていきます。

e0273217_754485.jpg


このパターンも簡単そうに見えて難しい『技』です、
鏝(コテ)と呼ばれる道具でパターンを付けるんですが、
付くか付かないか微妙な力加減で模様を付けていきます。
若い左官職人はパターンを付けれない職人もいるかもしれませんね(汗




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆>>>>尾堂産業 ホームページはこちら

☆>>>>尾堂産業 Facebookはこちら

☆>>>>スタッフの趣味 ・日常・家の考え方ブログはこちら

☆>>>>写真好きスタッフ写真ブログはこちら

☆>>>>スタッフInstagramはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2015-07-09 07:57 | 宮之浦の家 | Comments(0)

大工工事完了の後は、、、

e0273217_13365542.jpg


今年の梅雨は休みなく雨が降っていますね!
幸いにも人的被害がないのがなによりです。


e0273217_13371178.jpg


@宮之浦の家はついに大工工事が完了しました。
構造はもちろん、床・天井も木の『木楽な家』
ハウスメーカーと呼ばれる家の倍くらい大工さんの仕事があります。
大工の手が見える家です。


e0273217_13375321.jpg


大工仕事が終わると次は壁の漆喰塗です、
プラスターボードと呼ばれる不燃ボードを貼っているんですが、
ここの継ぎ目の処置をまず行います。

1枚でしたら割れないんですが、
2枚つないで貼る場合、ジョイント部にひびが入りやすいので、
ひびが入らないように『ファイバーテープ』と呼ばれるテープを貼ります。


e0273217_13381028.jpg


浴室は防水も終わり、石を貼る準備や浴室入口の床タイルをはっています。
浴室の入り口はマット等を敷く場合が多いでしょうが、やはり濡れやすい部分、
ここには浴室と同じ色のタイルを張って対応しています。

外もモルタル下地ができて塗装をしたい所なんですが天気が、、、、、
後は天気予報とにらめっこです(汗


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆>>>>尾堂産業 ホームページはこちら

☆>>>>尾堂産業 Facebookはこちら

☆>>>>スタッフの趣味 ・日常・家の考え方ブログはこちら

☆>>>>写真好きスタッフ写真ブログはこちら

☆>>>>スタッフInstagramはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2015-07-03 13:44 | 宮之浦の家 | Comments(0)

宮之浦の家 大工工事も大詰めです!

e0273217_14215525.jpg



雨が続いていますが、内部では大工さんも大詰めを迎えています。


e0273217_14223055.jpg


和室も技を使って作っていきます、家のシンボルにもなる『床柱』も付け終わり、
収納部分の仕上げに入っています。


e0273217_14231258.jpg


家事楽ハウスの特徴でもある収納も大工さんが作っていきます、
棚板を一枚一枚カンナで角を取てヤスリで仕上げています。


e0273217_14233713.jpg


広いウォークインクロゼットには一面の収納です!
これだけあれば洋服をはじめ、季節の物なども片付くでしょう。


e0273217_14241138.jpg


現浴室では排水ピットも取り付け終わって防水へと進んでいきます、
システムバスでしたら1ヶ所準備するだけですが、
木楽な家の浴室の場合『浴槽の排水』 『洗い場の排水』 『入口の排水』
3ヶ所排水配管をしないといけません。

手間はかかりますが、木に囲まれまがら一日の疲れを癒してくれる大切な空間です、
大切に作っていきます。




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆>>>>尾堂産業 ホームページはこちら

☆>>>>尾堂産業 Facebookはこちら

☆>>>>スタッフの趣味 ・日常・家の考え方ブログはこちら

☆>>>>写真好きスタッフ写真ブログはこちら

☆>>>>スタッフInstagramはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2015-06-18 14:28 | 宮之浦の家 | Comments(0)

宮之浦の家 内部も順調に進んでいます!

e0273217_17421541.jpg


厚さ38ミリの床を貼った後は天井・床を仕上げていきます、
壁にはプラスターボードと呼ばれるボードを固定しています。



e0273217_1746377.jpg


この固定に使われるビスはステンレス製のビスです、
漆喰を塗ったあと錆など不具合が出ないように
価格はたかいんですが、不具合が出ない配慮をしています。



e0273217_1755765.jpg


大工工事も終盤は細かい部分を造っていきます
押入れも大きな体で作っていました。

e0273217_1755385.jpg


階段は家のパーツで最も難しい部分 技術の見せ場です、
今回は上り始めを見せる演出で作っています。

e0273217_17564427.jpg


浴室もシステムバスではなく、造作でつくります、
床や壁 カウンターの下地をしたら防水工事です、
狭い空間ですが一日を振り返るスペース
システムバスだったら1日で完成ですが、
手間をかけてリラックスできる浴室を作っていきます。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆>>>>尾堂産業 ホームページはこちら

☆>>>>尾堂産業 Facebookはこちら

☆>>>>スタッフの趣味 ・日常・家の考え方ブログはこちら

☆>>>>写真好きスタッフ写真ブログはこちら

☆>>>>スタッフInstagramはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2015-06-08 18:00 | 宮之浦の家 | Comments(0)

吉田にて着工中です。

吉田の宮之浦にて、木楽な家(家事楽ハウス) 平屋26坪の住まい

を建築中です。自然豊かな宮之浦にて、家族5人が楽しく、豊かに

住まいつづける。そして、子育て中の忙しいお母さんの家事を手助け

する「家事楽ハウス」となるでしょう。

着工前より順を追ってご覧下さい。

e0273217_10293939.jpge0273217_1029545.jpg

土地の現況は、畑でした。地盤調査の結果、地耐力不足のため

地盤改良が必要となり、表面から60㎝表土を取り去りシラスにて

転圧し固い地盤を作りました。

あなたも土地を買うときには、畑の場合は地盤改良が必要となる可能性

が高いので注意して下さいね。

e0273217_1030580.jpge0273217_10301491.jpg

地盤改良が終わると、もう一度地盤強度の再調査を行います。

木楽な家では、表面波探査試験という方法にて強度を測定し、

コンピューター解析にて判定しています。

もちろんOKでした。

e0273217_10302358.jpge0273217_10303286.jpg

本来なら、地鎮祭が終わってから工事を始めるのですが、今回は

畑のため地盤改良後に地鎮祭を行いました。このように状況次第で

順番が逆転することもあります。神様も許してくれるでしょう(笑)

 ここから基礎工事がスタートです。

e0273217_10304191.jpge0273217_10305388.jpg

基礎工事では、鉄筋を組み終わると、「住宅瑕疵担保履行法」による

第三者検査を受けます。木楽な家では、住宅保証機構の「まもりすまい保険」

に加入していますので、今回も検査を受けました。

図面と機構の仕様に適合しているかの検査です、もちろん合格です。

合格してやっとコンクリートを打設できるのです。


e0273217_1031680.jpge0273217_10311578.jpg

基礎の完成です。今回は、木のお風呂を作りますので、あらかじめ

お風呂の基礎部分には断熱材を打ち込み、床下配管が出来るように

断熱点検口も設置してあります。

 そして、いよいよ建て方開始です。

e0273217_10313046.jpge0273217_1032387.jpg

ちょっとあやしい天気でしたが、無事棟上げできました。

木楽な家では、屋根断熱を行うため、一般的な木造住宅と

比べると、上棟までの期間が2日程度長く掛かります。

その間の天気を見極めるのも、なかなか大変な気苦労なのです。

e0273217_10321492.jpge0273217_10322423.jpg

棟上げ式は毎回行っています。最近、餅まきをやらないメーカーや工務店

もありますが、木楽な家では「日本の伝統」を守る意味でもお勧めしています。

準備は大変ですが、「やってよかった」そんな声を聞くとうれしいものです。

今回も、餅を拾いにこられた方々から、最後にお礼とお祝いの拍手を頂きました。

そして、お酒もおいしく頂きました(笑)

e0273217_10323435.jpge0273217_10324728.jpg

杉の木で耐震補強を行う「TIP工法」を標準で採用しています。

地震の揺れに対抗するのではなく、しなやかにかわす。そんな工法です。

ご興味があれば何なりと問い合わせして下さいね。

e0273217_10325727.jpge0273217_1033795.jpg

瓦がかぶると、構造体の2回目の検査です。「まもりすまい保険」の検査員

によるチェックを受けます。

現場には、うずくりの床板が入り、いい香りが充満していました。

これから、大工さんたちの細かな技が必要となる作業に入っていきます。

お楽しみに!
by kirakunaie | 2015-05-10 11:27 | 宮之浦の家 | Comments(0)