カテゴリ:国分広瀬の家( 6 )

左官工事

今回は左官工事のうち外壁のモルタル塗りです。


e0273217_19112877.jpge0273217_1916518.jpge0273217_1918015.jpg
e0273217_19203494.jpg
e0273217_19222191.jpg

 モルタル塗りの下地は防水紙のアスファルトフェルト430を貼り波型ラスを貼っていきます。
これに下塗りの軽量骨材のモルタルを塗り付け2週間以上乾燥期間を取ります。工期が無くても
この期間を置かないと後々クラックなどが出てしまいます。

 それから目地を取付け上塗りのモルタルを塗ります。最近洋風の外壁で目地無しを多く見かけますが
木楽な家は目地を取っています。

この目地は誘発目地と呼びクラックをこの目地にわざと起すためのものです。クラックは壁の強度の
弱いところに出るのです。サッシの角などに出てしまうと大変です。

最後に目地棒を取り外しモルタルで底目地を塗り付け終了です。

次回は漆喰塗りです。
by kirakunaie | 2013-01-15 19:39 | 国分広瀬の家 | Comments(2)

建て方完了

8日、9日と建て方が終わりました。土曜、日曜の天候の崩れる前に雨仕舞まで終りホット一段落。
今週水曜日は上棟式です。天気予報ではこれまた天気も良さそうです。
今度は餅捲きのレポートです。
e0273217_18292693.jpge0273217_18285566.jpg
e0273217_18282293.jpge0273217_18274254.jpg
by kirakunaie | 2012-11-12 18:32 | 国分広瀬の家 | Comments(0)

建て方

天気にも恵まれ絶好の建て方日和となりました。
昨日のうちに柱は建っていたので梁組みからです。表しの化粧梁が組まれていくと大きな安心感がありますね。
こういう構造はずっと見ていたいものです。
天井貼って隠すなんてもったいないですよね。
明日は化粧の野地板貼りから屋根の断熱パネル取付と雨仕舞まで。
それでは、また。
e0273217_1925190.jpge0273217_1922261.jpg
e0273217_1935981.jpge0273217_193271.jpg
by kirakunaie | 2012-11-08 19:05 | 国分広瀬の家 | Comments(0)

音響熟成の構造材搬入

音響熟成の構造材がプレカット工場から搬入されました。
これから土台敷き開始です。
この土台は音響熟成ではなくベイヒバです。樹齢100年以上の北米で計画伐採された木材です。
杉などに比べると非常に硬くシロアリなどの害虫が嫌う木でもあります。
土台が敷かれ柱が建ちいよいよ明日から建て方開始です。
天気も良さそうで一安心です。
e0273217_1735790.jpge0273217_1734376.jpg
e0273217_1736118.jpge0273217_1735388.jpg
by kirakunaie | 2012-11-07 17:37 | 国分広瀬の家 | Comments(0)

基礎完成

配筋検査後、スラブ底盤コンクリートを打設し立ち上り型枠組み立ての後立ち上りコンクリートを打設しました。
3日の型枠養生のあと無事基礎工事完了です。
きれいなコンクリートが姿を現しました。


e0273217_18122653.jpge0273217_1811722.jpg

来週の建て方を待ちます。
天気に恵まれますように!

e0273217_18101139.jpge0273217_1881290.jpg
by kirakunaie | 2012-11-02 18:20 | 国分広瀬の家 | Comments(0)

国分で着工しました

霧島市国分広瀬で着工しました。

この家は定年で東京からUターンされたご夫婦2人のための小さな平屋の家です。
土地は25年前、家を建てようと購入された矢先に転勤が決まりそのままになっていたものでした。
これでやっとこの地に根を降ろすことができますね。

まずは、地盤調査。造成から時間も経ちかなり良好でした。
e0273217_9355325.jpge0273217_9364310.jpg

後で作業しにくい狭い場所は先行配管しておきます。

e0273217_9371550.jpge0273217_9375680.jpg

鉄筋工事も終り瑕疵保証保険による配筋検査も無事終了

e0273217_9383430.jpge0273217_939332.jpg

by kirakunaie | 2012-10-26 09:07 | 国分広瀬の家 | Comments(0)