カテゴリ:姶良のリストランテ( 19 )

ごみステーション

開店した後で初めて気づいたごみ問題。

四方を空地に囲まれ、丸見え状態のこの店ではどこにゴミを

ストックしようか?という問題に直面し、ゴミステーション

の製作。 床の水洗いに加えて台風などに備えた強度の問題

でブロック造に決定。


せっかくの新しいお店にブロックの小屋はいただけないとい

うことで、母屋で余ったレッドシダーの屋根板で総化粧。

屋根、壁が板貼りのゴミステーションが出来ました。

どうでしょう?

それでは、また。


e0273217_14335022.jpge0273217_14341142.jpge0273217_14343381.jpg
by kirakunaie | 2010-10-06 14:33 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

プレオープン

お店の名前は、トラットリア ダ クオーレ(イタリア語で心から)

招待客で一杯の店内から賑やかな声があふれます。

懸案のピザ窯も火が入り始めてのピザをご馳走になりまし

た。オープンキッチンの厨房はシェフたちが忙しげに立ち回

っています。

この店のショータイムのようでもあります。


舞台は完成しました。オーナーの前田さん。楽しいショーを

(調理風景)を見せてくださいね。

最後の写真は、見送りしてくれたオーナーの前田さんと娘

さん。

これをご覧になっている皆さん、是非食べに行ってください

ね。味は保証します。

それでは、また。

e0273217_1431547.jpge0273217_14313298.jpge0273217_14315025.jpg
by kirakunaie | 2010-09-28 14:30 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

いよいよ開店

明日、明後日はプレオープン。

長かった試運転期間も終わり厨房では仕込が始まっていま

す。


テーブル、椅子が運び込まれいよいよレストランらしき内部

になってきます。外のテラス席も準備されこれからの季節に

ちょうど良い感じです。(テラス席のお二人はオーナーシェ

フの前田さんと、友人の南日本家具の社長の下津さん)


エントランスに据え付けた巨大な壺は、スペインで使われて

いたワイン貯蔵用の壺なんだとか。

人間なら5,6人はゆっくり入れそうなので蓋の取付。


正式なオープンは10月1日になるそうで、イタリアンのお

好きな方は是非足を運んでください。

少しは木楽な家のエッセンスが味わえるかも。

それでは、また


e0273217_14285454.jpge0273217_14291473.jpge0273217_14294153.jpg
by kirakunaie | 2010-09-24 14:27 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

ピザ窯の火入れ

今回、煙突に採用した耐熱ファンの可動をチェックしにわざ

わざ大阪から宮村さんが来てくれました。

(この人は日本を代表する板金職人でもあります。日本物つ

くり大賞受賞)

そこで、火入れを行いましたが、ファンの不調で店内に煙が

充満。・・・・

このファンはデンマーク製で日本のスピードコントローラー

との相性が悪い事が判明。無事に回りだすときれいに排気が

始まります。

このまま温度が上がるといいんですが。

私の窯の欠点も教えてもらい次は100%の窯が作れます。

もそんな機会もうないだろうなあ。・・・・

夜は照明のチェック。

ホールや外部は申し分ないのですが厨房が明るすぎる。

オープンキッチンはこの店の舞台なのに。

コーディネーターの平石さんが忙しく辞退されたのが痛かっ

た。

今月末にはオープンですが、試運転はまだまだ続きます。

宮村さんのブログ(http://tetsuken.exblog.jp/)を夜見て

みるとすでに更新済み。ハヤッ。

一体いつ写真の編集してるんだ?

それでは、また


e0273217_14264363.jpge0273217_1427957.jpge0273217_14273038.jpg
by kirakunaie | 2010-09-09 14:26 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

最後の追い込み

厨房機器の搬入と共に20人ほどの厨房関係者。

外部では大工さん達のウッドデッキ製作チーム。水道の配

管、ガス配管、電気配管、タイルの目地詰め、ピザ窯の煙突

取付などなど総勢40人ほどの職方たちが飛び回ります。

住宅ではこんな光景を目にすることは少ないのです。

私もあっちで呼ばれ、こっちで呼ばれと右往左往しています

この1週間で毎日プール遊びする家の子供たちより日に焼け

てしまいました。

おかげで、3kg減とよいダイエットになってはいます

が・・・・・。

ん、夏バテか?

もうすぐ完成です。お楽しみに。

それでは、また。

e0273217_1424223.jpge0273217_1425996.jpge0273217_14252988.jpg
by kirakunaie | 2010-08-27 14:23 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

仮設(足場)が取れました。

やっと足場を解体しました。

白い外壁に木製の素朴な味わいのある屋根。

なかなか緑に映えるでしょう?

現場はこれからウッドデッキ制作。内部はタイル工事も終わ

りに近づき電気、照明器具取付などに入ってゆきます。

明日は、1500万円相当の厨房器具搬入。

気を使います。

外部に飛び出したピザ窯もいい感じでしょう?などと自我自

賛。恥ずかしい・・・・・・。

これから最後の大詰めです。

暑さに負けないでがんばりましょう。

それでは、また。

e0273217_14223844.jpge0273217_14225943.jpge0273217_14232460.jpg
by kirakunaie | 2010-08-24 14:23 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

仕上げ工事真っ最中

現場は内部の漆喰工事、外部の土壁コート左官仕上げと終わ

り、雨樋を取り付ければ外部足場解体と言う所まで来ていま

す。

左官の手で仕上げた壁はいいなあ。クロス屋さんには悪いけ

ど、人を和ませる何かがあるような気がします。


後は、内部の床タイル工事を待つのみ。

明日からタイル屋さんが入ります。

今回のタイルは、イタリア産とスペイン産。国内入荷が何と

か間に合いホッとしています。

きっとシックな店内に似合うと思います。



この暑い中多数の職人さんありがとう。
熱中症には気をつけましょう。

それでは、また。


e0273217_14204379.jpge0273217_1421043.jpge0273217_14212621.jpg
by kirakunaie | 2010-08-18 14:19 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

ピザ窯仕上げ

ここ姶良市は毎日何時間か大雨に見舞われ、桜島の灰に悩ま

されています。


仕上げに御影石を貼っていきます。

オーナーとしては大理石を貼りたがっていたのですが大理石

は外部に使えません。赤い御影石があったので今回はこれを

使用します。

わずか12㎡くらいの面積なんですが、木楽な家の浴室に

貼る30cm角の石貼りと違い石をハンマーで割りながら曲面

に添って貼り上げていくので3人の左官で1日わずか3/5

ほどしか進みません。

他にも石貼り、タイル貼り残っているのに一体何日かかるん

だ?・・・・・。

明日からは漆喰塗りに入っていきます。

e0273217_14185515.jpge0273217_14193791.jpg
by kirakunaie | 2010-08-10 14:09 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

ピザ窯その後

一般的にピザ窯と言うのは屋内に据え付けるものなんですが

この窯は、半分外部に露出するのです。

何が問題かというと外部に面する部分に雨が当ると温度差で

窯が割れてしまうと言う現実があるのです。


断熱材が必要になるのですが、なかなかよい断熱材が無いの

です。一昔前なら石綿と呼ばれるものがあったのですが今は

別名アスベストという悪名高き代物で使用禁止になっていま

す。


ここは、鹿児島。軽石があるじゃないですか。

元は溶岩。熱には強いし熱を伝えにくい性質。これを使わな

ければ。 軽トラ一台集めて窯の周囲を覆い仕上げに入りま

す。一番最後に真っ赤な御影石を乱張りしていきます。

それでは、また。


e0273217_148425.jpge0273217_149457.jpge0273217_149271.jpg
by kirakunaie | 2010-08-06 14:08 | 姶良のリストランテ | Comments(0)

ピザ窯その後

窯の架台が出来たところで、炉の火床を作ります。

まず、断熱用のレンガを1層目に並べ、その上に耐火レンガ

を敷きこみます。これで床は完成。

次に、焚口を作ります。これは合板でRに型枠を作りその上

に耐火レンガを並べRに仕上げていきます。

ここから先がR型の炉本体になります。


私は、この炉を作れるようにネットや本で1週間近くどうし

たら作れるんだろう?R型枠を作る会社に見積りを取ると型

枠だけで30万近く掛かるとのこと。しかしどうやって型枠

をはずすんだ?その結果たどり着いたのが土饅頭。

これなら固まった後に掻き出すだけで完了。

その話を左官にすると『知ってるよ。今までもそうやって作

った。』とのこと・・・・

調べる苦労はなんだったのだ・・・・・。泣き


この上に耐火セメントを塗りこんでいって今日の作業は終

了。砂を掻き出したらまたお見せします。

それでは、また。

e0273217_1359494.jpge0273217_13592226.jpge0273217_13593978.jpg
by kirakunaie | 2010-08-06 13:59 | 姶良のリストランテ | Comments(0)