カテゴリ:指宿の家( 30 )

完成フォトム-ビーをアップしました。ご覧下さい。


by kirakunaie | 2010-08-26 17:19 | 指宿の家 | Comments(0)

外構工事も終盤です

追加工事でパーゴラもつきました。

敷地境界には、木柵フェンスも完成しています。

 指宿の強い日差しを緑のカーテンで遮ろうという

考え方です。

 外壁の塗装は、いつもの土壁コート吹きです。

施主さんの要望により、1階は白・2階は濃いグリーン

となりました。

 あとは、竹炭入りの清活畳・玄関ドアそして内部清掃

を残すのみとなりました。

 暮らしやすい25坪という小さな住まいを縦に重ねた

2世帯住宅です。

 8/18には全てが完成する予定です。

8/21・22日の完成見学会をお楽しみに!

では、また。



e0273217_17184332.jpge0273217_1719387.jpge0273217_17191665.jpg
by kirakunaie | 2010-08-11 17:09 | 指宿の家 | Comments(0)

外構工事に入っています

忙しさにかまけて、しばらく更新していなかったので、ス

タッフからも怒られました。

 今まで撮りためた写真をピックアップしてアップします。

 さて、現場は外構工事に入っています。

内部工事は、ほぼ完了し、外部塗装・樋工事・外部足場

解体と進み、玄関ポーチのテラコッタ調タイルを張って

います。タイルを張る前のコンクリート下地の段階で

タイル割りをします。

 これは、玄関内のタイルとポーチのタイルの目地合わせ

とポーチのタイルに中途半端な切れ物が入らないように

タイル寸法を出していく作業なんです。

 左官屋さんの腕の見せ所ですね。


 ところで、下2枚の写真は、この現場ブログで何回か

紹介しているお風呂の坪庭です。

 露天風呂感覚で尚かつ周囲からは見えないように

工夫された坪庭出窓です。

プランターなどを置いて、リラックスできるお風呂の

仕掛けです。

 住宅密集地でも露天風呂感覚を味わえるお風呂となり

ました。

 まもなく完成見学会(8/21・22日)を行います

ので、ご興味のある方はご覧下さいね。

では、また。


e0273217_1791479.jpge0273217_1792657.jpge0273217_1794292.jpg
by kirakunaie | 2010-08-11 17:08 | 指宿の家 | Comments(0)

玄関ポーチの焼き杉の壁が出来ました

先日より、準備してきた焼き杉の壁板の取り付け作業

が終わり、みごとな壁が仕上がりました。

 当初予定していたレッドシダーの壁板から、施主の

強い要望で焼き杉に変更しました。

 和でも洋でもない日本人の壁板となったような気が

します。

 ここに住まう人たちの佇まいがにじみ出た壁と言った

ほうがいいのかも知れません。

 もうまもなく、外壁の塗装に入りますが、全体が仕上

がってきたときにこの壁板が自己主張するのではなく

周りとなじんでいく、そんな外観になるでしょう。

では、また。


e0273217_1775547.jpge0273217_178766.jpge0273217_1782013.jpg
by kirakunaie | 2010-07-09 17:07 | 指宿の家 | Comments(0)

木のシステムキッチン製作中

いよいよ家具製作に入りました。

現場では、大工さんによる下足入れ・テレビ台・食器棚・

本棚・洗面台・ベンチ等が製作中です。

 システムチッチンもほぼ形が出来上がってきました。

これは、2階用のキッチンですが、1階用は奥行きが

85㎝あり、ダイニング収納もついた特殊な形状と

なります。

 出来るだけ、害のある建材は持ち込みたくない、

そんな思いを込めて作っています。

では、また。

e0273217_1764447.jpge0273217_1765313.jpge0273217_177513.jpg
by kirakunaie | 2010-07-09 17:05 | 指宿の家 | Comments(0)

大工工事も大詰めです

 階段には、手摺が付きました。

木楽な家の手摺は、四角なんです。

杉の木へのこだわりから生まれました。

 もちろん、握りやすいように裏面には凹みを作って

あります。

 内部の造作工事も順調に進んでいます。

1階のお風呂の壁も張り終わりました。ここだけは、

桧の板を使います。桧材は、油分を多く持っているので

水には強いんです。

 出来るだけVOCを発散させるものは持ち込みたくない。

そんな思いで、ユニットバスではなくて木のお風呂を

作っています。

 2階のお母さんたちのリビングも、家具造作を残して

ほぼ完了しています。低いところと高いところ、開放的な

空間とグッと落ち着ける空間、そんな佇まいの仕掛けが

形になりました。

 完成までもう少しです。お楽しみに!

では、また。


e0273217_174340.jpge0273217_1741315.jpge0273217_1742629.jpg
by kirakunaie | 2010-07-01 17:02 | 指宿の家 | Comments(0)

階段が出来上がりました

 大工工事の中でも一番難しいのが、階段造作でしょう。

既製品の階段ならば、建材メーカーの工場にてプレカット

することが出来ます。大工はそれを組み立てるだけ。

 でも、当社のように杉の無垢材を使い、化粧材として

すべて見えるとなると、そうはいきません。

 ここが棟梁の腕の見せ所です。

1階から2階へ上がる階段、2階からロフトへ上がる階段

共に、みごとな仕上がりです。

 また、握りやすいように加工された四角い手摺も

取り付きます。お楽しみに。

 大工工事も終盤にさしかかってきました、これから

下足入れ・テレビ台・食器棚・机カウンター・システム

キッチン等の家具製作に入っていきます。

すべてが手仕事、それが木楽な家の神髄です。

では、また。


e0273217_1715798.jpge0273217_172974.jpge0273217_1722120.jpg
by kirakunaie | 2010-06-25 17:01 | 指宿の家 | Comments(0)

焼き杉板の下準備です

今回、施主さんの要望で、玄関ポーチの外壁に

焼き杉板を張っていきます。

 厳選した赤身の杉板を乾燥庫に入れて、乾燥させ

それにバーナーで焼きを入れて、削り出します。

 そうすると、柔らかい夏目(夏に成長する年輪)は削れ

硬い冬目(冬に成長する年輪)はそのまま残ります。

 ご覧のような、みごとな焼き杉板が出来上がりました。

同じ杉材でも、丸太の芯に近い部分は赤く、外側に行くに

したがって白くなっています。

 赤身の部分は、油分を多く含んでいて、雨にも強いため

外部に使用できますが、それでも長い年月がたつと腐り

ます。そこで、昔の人たちはこれを焼いて、炭化させる

ことで、もっと長持ちするよう工夫したんですね。

 今回は、さらに裏と表に撥水塗料を塗り、保護膜を

作りました。

 材料については、耐候性をもたせるために出来ること

はすべてやりました。

 あとは、取り付ける際に、もう一工夫考えてあります。

それはまたの機会に説明しますね。

では、張り上がりをお楽しみに!


e0273217_1705258.jpge0273217_171239.jpge0273217_171138.jpg
by kirakunaie | 2010-06-24 17:00 | 指宿の家 | Comments(0)

大工仕事も大詰め、階段製作です

棟梁、柿内正美。

階段を製作してます。

下2段曲がりの直階段、難しい仕事です。

今までやった軒数は100棟を優に超えるこの棟梁にはたや

すいことみたいです。(笑)

 階段の踏み板を支えているのが、このささら桁という

両サイドの板です。

 踏み板がくる部分を掘り込み、一枚一枚をスライド

させながら、はめ込んでいきます。

 いつ見ても、みごとな仕事です。


 さて、新人の修行中の大工はというと、鴨居を見ながら

考え込んでいます。考えるな、手を動かせ!といいたい

ところですが、ここはグッと我慢して・・・・。

 現在、20才の彼が一人前になる5年後を楽しみに

しています。

 その横では、建具屋さんが採寸中、既製品の建具に

押されて彼らも仕事が激減しています。


 日本古来の伝統技術を守っていきたい、これも木楽な家

のひとつのテーマなのです。

では、また。


e0273217_16591872.jpge0273217_16593573.jpge0273217_16595181.jpg
by kirakunaie | 2010-06-15 16:58 | 指宿の家 | Comments(0)

昨日は、色決めでした

現場は順調です。

昨日は、施主さん家族に現場へきてもらい、2回目の

色決めでした。

 前回の打ち合わせで決めた3色の外壁色のサンプル

を見ながら、決定色を吟味します。

 三者三様の思いが錯綜します。これだから色決めは

おもしろい!

 やがて一時間後、ひとつの色へと皆の思いが収束され

決まりました。

大きな家ですが、グッと引き締まり、木部が浮き出す

そんな外観になりました。お楽しみに!


 今度は、内部の色決めです。前回決めた照明器具の

再確認に始まり、浴室のタイル色・洗面器の色・洗面台

のモザイクタイル・建具の和紙色・タタミのヘリ色・

カーテンの種類と色などすべての色味が決まりました。

 木楽な家は、杉の木と幻の漆喰が大部分をしめて

いるため、決める色目はそう多くはなのですが、

開始から3時間30分かかりました。

 ほんとにご苦労様でした。そして、コーディネート

担当のコージースペースの平石さん、毎回ご苦労様。


 この家族らしい木楽な家となりました。いい感じです。

では、また。

e0273217_16581270.jpg
e0273217_1658024.jpg
by kirakunaie | 2010-06-12 16:57 | 指宿の家 | Comments(0)