カテゴリ:未分類( 11 )

加治木星原の家スタートです。

加治木星原の家を着工します。

北に高岡公園を望む田園風景の中の新興住宅地の1角です。

この自然の景色を楽しみながら家族4人が生活できる楽しいプランが出来ましたよ。

もちろん、家事楽仕様です。

今日は地鎮祭。大安のよき日を選びましたが天気予報も、今朝の天気も雨。

雨の中、地鎮祭用の竹をずぶ濡れで用意しましたが木田の家に続いて晴れ男がいたのか?

予定の一時間前には晴れ間も出てきましたよ。もしかして私?

いやいや、自宅の地鎮祭も上棟も雨にたたられましたから。
e0273217_16435000.jpg
e0273217_16452199.jpg
e0273217_16442914.jpg
e0273217_16442399.jpg

二人のお子さんかもしれませんね。晴れ女。

無事に地鎮祭も終了しました。これから浄化槽や、配管工事、基礎工事と始まります。

それでは、また。




by kirakunaie | 2016-11-19 16:51 | Comments(0)

板貼りの壁

今日の現場のレポートは、壁の板貼り。

気楽な家の壁の仕上げは、モルタル塗りの仕上げに土壁風の塗装が多いのですが
一部に板貼りの仕上げもあります。
中には、全て板貼りの現場もありますよ。
e0273217_09490726.jpg
ここで板貼りのポイントです。
板貼りのみの防水は無理なのでまずは、下地の防水がキモですよ。

ラス板斜め貼りの前に遮熱防水透湿シートを先張りしますが、この上に更にシートを貼り
通気層兼、縦木摺を取付、板を貼っていきますよ。
絶対に雨水を中に入れないことが大事です。
e0273217_09472460.jpg
e0273217_09473184.jpg
大事なことは、板は伸び縮みします。湿度が高いと吸湿して伸びますし、湿度が低かったり
経年によっても縮みます。
縮んで隙間があるとかっこ悪いですよね。
そこで、技がひとつ!
板の木口(こぐち)を斜めにカットして貼りますよ。
これで伸びても縮んでも大丈夫!
e0273217_09503506.jpg
e0273217_09480207.jpg
e0273217_09480887.jpg
どこのメーカーや工務店で建ててもいいんですが、外部の板貼りはこういう仕上げを
してもらって下さいね。

それでは、また。

by kirakunaie | 2016-10-15 09:55 | Comments(0)

木には、節があります。

枝の跡なんですが2種類あり生きた枝の跡(生節)もう一つが死に節です。これは枯れた枝の跡です。

この死節をそのままにしておくとそのうちに節が抜け抜け節(節穴)になるんです。

穴のあいた板では格好がつかないので先に死節をくりぬいてその穴に杉の枝を鉛筆のように削り

打ち込んで補修するのです。
e0273217_1752283.jpg
e0273217_17522174.jpg

e0273217_175310100.jpg
e0273217_181223.jpg


ほらご覧のとおり生き節に早変わりです。

家の全ての節を補修はできませんが見えるところは補修していきます。

木楽な家を作る大工の心意気です。

見学会などで、埋めた節を探すのも楽しいですよ。
by kirakunaie | 2015-01-31 17:57 | Comments(0)

階段

 国分の家は、床貼りが終り、ロフト、階段製作と大工の腕の見せどころという状況です。

e0273217_18252614.jpge0273217_1826048.jpg


階段というと私の仕事は、CADで図面を作り施工図を描き、木材を発注し、自社の乾燥庫で乾燥が終わると

現場に入れるわけですが、大工はというと1枚の杉板に差し金1本で角度と高さを計算し、踏み板部分を

欠き込んで手作りの階段を作ってしまいます。

 わたしも現場で何度も見ているのに見るたびに、必ず子供のように見惚れてしまいます。

ほとんどの住宅の階段は、メーカーのプレカットされた材料を組むだけなのですが、踏み板1枚、ササラ桁、

蹴込板と一つ一つを手作りしていくのです。

e0273217_18263779.jpge0273217_1827050.jpg

e0273217_1827345.jpge0273217_18275315.jpg



職人の心のこもった手仕事の家が出来上がりつつあります。

是非一度見てください。

それでは、また。
by kirakunaie | 2015-01-24 18:19 | Comments(0)

国分中央の家 床板貼り

明けましておめでとうございます。

国分中央の家はTIP斜め張りも終り内部造作に移行しています。
e0273217_1757830.jpg
e0273217_17574444.jpg


12月は建て方応援が3棟続き足踏み状態が続きましたが、これから挽回です。

音響熟成の浮造り(うづくり)の床板貼り開始です。

厚さ38mmの床板を一枚一枚組み合わせて貼りますがガッチリはめ込む為に木材で叩くように貼っていきます。
e0273217_17581021.jpg
e0273217_17585011.jpg

さらに75mmのビスで締め込んで終了。これを続けていくと足触りのよい冬でもはだしで過ごせる床が
出来あがります。

1階の床が終われば次はロフトです。

それでは、また。
by kirakunaie | 2015-01-08 18:03 | Comments(0)

国分中央の家 木工事中

 国分中央の家は現在、陶器瓦が葺かれ、屋根工事終了。

内部の断熱工事がほぼ完了しTIP工法のラス板貼り、ガセットプレートの取付まで。

e0273217_1849724.jpge0273217_18495023.jpg


 写真は大工さんが図面を確認しながら取付場所の確認と、釘打ち位置の印付けをやっています。

このガセットプレートは、土台と柱、梁と柱と筋違いをがっちりと固定するためのものです。

場所により釘の本数などが変えられているのです。

e0273217_18523930.jpge0273217_18531871.jpg

e0273217_18535350.jpg

 耐震工法はいろいろありますが、無垢の木で合板並みの耐力を持たせていきます。ラス板の隙間が地震時

には、たわんで揺れを逃がす働きまでするようです。

 皆さんは、磯の異人館に行かれたことがありますか?

何年か前に大改修が行われていますが、その時の写真が展示されています。

漆喰壁の下地には、なんとラス板の斜め張りが採用されていたのです。明治時代初期の建物ですが

当時から建築技術者は斜め貼りは強いと考えていたようですね。

イギリスの技術者用の寄宿舎だったようですから外国から伝えられたのかと考えることでした。

 今夜はクリスマスイブですね。 メリークリスマス!!
by kirakunaie | 2014-12-24 19:14 | Comments(0)

着工しました。

国分中央で着工しました。

御夫婦2人の住まいです。奥様のお父様から実家の木を使いなさいと、すでに製材済みの柱材を一式頂きまし

た。その他にもたくさんの小割り材。御実家の小屋や、庭先で乾燥させるために干してありました。

心づくしの木材を使って木楽な家が建てられます。
e0273217_1440252.jpge0273217_14404896.jpg
e0273217_14412132.jpge0273217_14414226.jpg
e0273217_1442770.jpg
by kirakunaie | 2014-11-14 14:46 | Comments(0)

さつま町の家着工します

 さつま町(旧宮之城町)かぐや姫の里にて木楽な家を着工します。

もちろん第3弾の家事楽ハウスです。忙しい奥さんが少しでも楽出来るよう、家事動線や収納計画に重点を於

いたプランニングです。

もちろん居心地の良い木楽な家の良さはそのままです。


日曜日に地鎮祭を執り行いました。神司はこの土地を治める紫尾神社にお願いしました。

予報は曇りでしたがすっかり晴天となり汗が流れました。

晴れの地鎮祭は幸先が良いのです。偶然でしょうが私の現場は晴れの地鎮祭は上棟式も必ず晴れるんで

す。

私の自宅は全て雨に泣かされました。笑・・・・・・!

晴れの餅捲きを期待しましょう。

e0273217_9402731.jpge0273217_9394949.jpg

紫尾神社は地鎮の儀に加え刈り初めの儀が入りました。

e0273217_9431997.jpg
by kirakunaie | 2013-09-10 09:48 | Comments(0)

姶良にモデルルーム着工中

姶良町の平松にモデルルームを建設します。

e0273217_15323754.jpge0273217_15325448.jpg


新しい木楽な家のコンセプトは「働く主婦を応援する住まい」。

「働く主婦」の悩みを細かく分析し、様々な提案を各所にちりば

めました。

あっと驚く、機能的な動線を是非お楽しみに!


さて、建物の大きさは、平屋の24坪をベースにして、小屋裏

空間を子供部屋とした34坪の住まいです。

そして、「認定低炭素住宅」を標準化しました。

低炭素住宅とは、その住宅で使うエネルギーを改正省エネ基準

より10%さらに削減できたことを県が認定した住まいのことです。

つまり、省エネに関して一歩進んだ住宅のことです。


 ところで、あなたにとってのメリットは何かと言いますと、

①住宅ローン減税が一般の住宅より100万円多く減税されます。

  (平成25年の場合は300万円、26年からは400万円)

②建物を登記するときの登録免許税が安くなります。

  (保存登記0.1%、移転登記0.1%)

③フラット35S 金利タイプAが使えるようになります。

 以上のようなメリットですが、木楽な家の場合、標準の断熱材の

仕様で、サッシだけを樹脂に変更するだけなので、あまりコストアップ

にはなりません。ご安心下さい。

ちなみに、姶良地区では、第一号の認定低炭素住宅のようです。

 8月竣工、9月オープンを目指して工事を進めていきますので

工事状況を少しずつアップしていきます。

 なお、9月より1年間展示した後は、販売する予定ですのでご興味

のある方はお問い合わせ下さい。


 それでは、まずは地鎮祭の様子からどうぞ!


e0273217_15261576.jpge0273217_15264118.jpg

e0273217_1527556.jpge0273217_15272554.jpg

e0273217_1528569.jpge0273217_15282054.jpg


工事中、事故等がないように神様にお祭りしてもらいました。

今回は2人の神主さんに祭ってもらったので、効果も2倍かな(笑)


続いては、現在基礎工事に入っています。当社は、住宅保証機構の

「まもりすまい保険」に加入していますから、その保険より検査員が

きて、基礎の鉄筋検査と木造部分の構造体の検査が計2回行われ

、合格すれば10年保証が発行されることとなります。


e0273217_15463061.jpge0273217_15465880.jpg

e0273217_15471630.jpge0273217_15472988.jpg


もちろん、合格しました。当社の配筋仕様は、ベタコンクリート部分は13㎜

の鉄筋を15㎝間隔でクロスさせます。立ち上がり部分は、10㎜の鉄筋を

30㎝間隔で立てていきます。土間コンクリートの厚みは15㎝ですが、外周

部分はさらに12㎝落として27㎝の厚みとしています。

では、また。
by kirakunaie | 2013-05-22 15:59 | Comments(0)

5/11(土)12(日) 完成見学会を開催します。(完全予約制)

親子二人暮らしのための平屋の住まいです。

大自然の中で田舎暮らしを楽しむ38坪の木楽な家。

リビングから眺める遠景は圧巻!山の木々を眺めながら

楽しめる木のお風呂もみどころです。この機会に木楽な家

でゆったりと流れる時間を体験してみませんか!

今回は会場の都合上、完全予約制にて行いますので、

見学希望の日と時間は10:00,13:00,15:00のどれかを

選んでメールにてご連絡下さい。追ってお返事ならびに地図を

送ります。当社HPの問い合わせよりどうぞ。

http://www.kirakunaie.co.jp

開催日 5月11日(土)12日(日)

予約時間 10:00,13:00,15:00の内いずれかe0273217_15544213.jpg
e0273217_15553080.jpg
by kirakunaie | 2013-05-03 15:57 | Comments(0)