猪鹿倉の家 うづくりの杉床板張りが進んでいます。

猪鹿倉の家では、うづくりの杉床板張りが進んでいます。
1枚が4mの長さの床板を、大引きと呼ばれる床の下地にビスとボンドを併用しながら留め付けていきます。
e0273217_20003473.jpg
一般的には、大引きの上に根太と呼ばれる4.5cm×6cmほどの角材を45cm間隔に渡して、
その上に厚さ1.5㎝の床板を張ったり、構造用合板を張ってフローリングを張ったりするのですが、
木楽な家では、大引きの上に根太を50cm間隔で渡して、厚さ3cmの無垢の床板を張っていきます。
しっかりとした厚さの床板を使うことで、頑丈な床ができあがります。

可能な限り接着剤で板を張り合わせてつくった合板を使わずに、
自然の材料でつくることを大切にしているからです。
e0273217_20010384.jpg
大引きの間にはめこんだ断熱材がぴったりと床材にくっつくことで、しっかりと断熱してくれますよ。
隙間をつくらないことがポイントです。

こうして、木の温もりを感じられる床ができあがります。

現場では、うづくり床を切った時にでる小さな端材が出ます。
箱が設置されていますので、ご自由にお取りくださいね。

ぜひうづくりの床板をさわってみてください。
それでは、また。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)

以下をプリントアウトして、FAXしていただいても結構です。
e0273217_09590029.gif
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kirakunaie | 2016-06-06 19:29 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)
<< 姶良モデル3 全開口サッシの戸... 東餅田の家 打ち合わせも進んで... >>