武岡の家 浴室のFRP防水を施しました。

武岡の家は、ヒノキ板張の浴室をつくっています。
コンパネ2重張りの下地の上にFRP防水が施されました。
e0273217_18491507.jpg
FRP防水は、ガラス繊維を含んだプラスチックで一体的に覆うことで防水する方法で、
バルコニーやプールなどにも使われていますよ。

この方法によって、浴室を基礎で囲いこむことなく、床下からのメンテナンスを可能にしています。
設備をメンテナンスしながら、家を長く使うための工夫です。

この上からモルタル下地を塗って、30センチ角のサーモタイル(ひんやりしないタイル)を
張っていきます。
外壁のモルタルや内部の漆喰を塗っている左官職人がここでも活躍しますよ。

内部では、床の間も仕上がってきました。
e0273217_18492011.jpg
2階のクローゼットもできました。
e0273217_18490647.jpg
こちらも4帖のクロゼットです。たっぷり収納ができますよ。
2階の大工工事は、月見台を残すのみとなりました。

家具工事も残りは、玄関収納とパントリー、そしてキッチンです。
工夫があちこちにある部分なので、またレポートしていきますね。

それでは、また。


by kirakunaie | 2015-11-09 19:25 | 武岡の家 | Comments(0)
<< 武岡の家 外部の塗装がはじまり... 武岡の家 ウォークインクローゼ... >>