左官工事

今回は左官工事のうち外壁のモルタル塗りです。


e0273217_19112877.jpge0273217_1916518.jpge0273217_1918015.jpg
e0273217_19203494.jpg
e0273217_19222191.jpg

 モルタル塗りの下地は防水紙のアスファルトフェルト430を貼り波型ラスを貼っていきます。
これに下塗りの軽量骨材のモルタルを塗り付け2週間以上乾燥期間を取ります。工期が無くても
この期間を置かないと後々クラックなどが出てしまいます。

 それから目地を取付け上塗りのモルタルを塗ります。最近洋風の外壁で目地無しを多く見かけますが
木楽な家は目地を取っています。

この目地は誘発目地と呼びクラックをこの目地にわざと起すためのものです。クラックは壁の強度の
弱いところに出るのです。サッシの角などに出てしまうと大変です。

最後に目地棒を取り外しモルタルで底目地を塗り付け終了です。

次回は漆喰塗りです。
by kirakunaie | 2013-01-15 19:39 | 国分広瀬の家 | Comments(2)
Commented by オグラ at 2013-01-22 10:18 x
国分と姶良で工事中なのですね。
完成見学会が開催されれば見学に行きます。
Commented by kirakunaie at 2013-01-24 18:16
2月9,10,11と鹿児島の城山の家で見学会予定です。
詳細が決まりましたら案内します。
それでは!
<< 建て方 姶良楠元の家着工しました >>