吉村障子

今回、和室の内障子に吉村順三(建築家)氏が考案したと言

う吉村障子を取り入れました。

組子と、枠の見つけ寸法(18mm)が同じと言う障子で

す。さらに、組子の様式は黄金比としました。(黄金比と

は、最も美しいとされる比「1:(1+√5)/2」のことで、近似

値は1:1.618、約5:8です。)

建具屋さんも初めて作ったそうですが吊り込むと2枚引きが

まるで、1枚の障子が入っているように見えます。

華奢に見えますが、組子の寸法が太いので結構しっかりして

いますよ。繊細な感じが良いでしょう?

和紙が入るのが楽しみです。

それでは、また。

e0273217_1550085.jpge0273217_15502071.jpg
by kirakunaie | 2009-05-20 15:49 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)
<< 土地造成工事始まりました。 左官の技、建具屋の技 >>