建具工場にて打合せ

家具工事の為に建具屋さんにて打合せ。

建具工場は建具だけでなく、家具製作まで出来る機械が所狭しと据え付けられていますよ。
見ているだけで楽しくなります。

いったい何をどう加工するのか分からないような年季の入った機械でしょう?
e0273217_17495177.jpg
e0273217_17494248.jpg
e0273217_17500872.jpg
e0273217_17495905.jpg
e0273217_17502976.jpg
e0273217_17502156.jpg

工場では職人さんが東坂元の家の建具を作っています。

細やかな職人の手さばきを見ていると現場とは別の場所で家造りに真剣に関わってくれているのが

うれしくなりますね。
e0273217_17504371.jpg
e0273217_17505604.jpg
e0273217_17512160.jpg
e0273217_17510786.jpg
ここでは、建具、キッチン、家具用のJパネルのカットを行っていきます。

それでは、また。


# by kirakunaie | 2016-12-10 18:01 | 姶良木田の家 | Trackback | Comments(0)

基礎工事

瑕疵保証の配筋検査が終わるとコンクリートを打設しますよ。
耐圧盤となる基礎のベースは、面積が広いのでクレーンを使います。
e0273217_15515462.jpg
鉄筋の保護をするコンクリートは鉄筋の被りを確保し規定の厚みになるようにところどころに
テープで印を付けています。
e0273217_15515312.jpg
e0273217_15515572.jpg
e0273217_15515135.jpg
充分にバイブレーションをかけてコンクリートを打っています。
5時間ほどおいて水分が引いてくると金コテで平滑に押さえています。

e0273217_15515096.jpg
e0273217_15514899.jpg
翌日には立ち上り型枠の墨を打ち、型枠を設置してまたコンクリートを打つ作業が続きます。
コンクリートの打設は時間との勝負ですよ。
コンクリートプラントで練られた生コンは25℃以上では90分以内に打ち終わらないといけないのです。
これは、コンクリートの品質を確保するためです。
e0273217_15514643.jpg
土地を選ぶときはコンクリートプラントからの時間も確認することが大事ですよ。
それでは、また。

# by kirakunaie | 2016-12-05 15:53 | 加治木星原の家 | Trackback | Comments(0)

外壁モルタル塗り

ラスモルタルの下塗りの養生期間を充分取った現場に久しぶりに左官が帰ってきましたよ。

目地棒を取り付けて上塗りの開始です。
e0273217_19031324.jpg
e0273217_19031110.jpg

最近は、モルタル塗りの壁も大壁で仕上げ目地無しの所も増えましたが、木楽な家は目地を取ります。

モルタルに入るクラックを目地に集中させるのと、上塗りの厚みを確保するのと壁の不陸を無くすためです。
e0273217_19031072.jpg
e0273217_19030820.jpg
e0273217_19030668.jpg
モルタル壁を斜めから見ると上手な左官の壁は垂直できれいに仕上がってますよ。

モルタル壁を見たら斜めから見てみて下さい。結構でこぼこした壁も多いんですよ。

外壁が終わると、内部の漆喰塗りや浴室の仕上げにかかります。

それでは、また。

# by kirakunaie | 2016-12-02 19:04 | 姶良木田の家 | Trackback | Comments(0)

配筋検査受けました。

基礎工事も順調に床堀、砕石地業、配筋と進みコンクリート打設前に
住宅保証機構による瑕疵保証の配筋検査を受けましたよ。
e0273217_18291137.jpg
これは、設計通りの配筋や、鉄筋の太さ、ピッチ、コンクリートの被り寸法、
補強筋の設置などを入念にチェックする検査を受けます。
e0273217_18290947.jpg
e0273217_18290748.jpg
e0273217_18290534.jpg
コンクリートを打たれたら見えなくなってしまう部分ですから重要な検査項目ですね。
もちろん、底盤に配筋した鉄筋ピッチは安全率をはるかに超えていますから文句なく合格でした。
e0273217_18290361.jpg
次回の検査は、防水工事が確認できる時期に構造体や耐力壁、耐震金物の設置状況の検査を受けていきます。
それでは、また。

# by kirakunaie | 2016-11-30 18:30 | 加治木星原の家 | Trackback | Comments(0)

ヒノキ板貼りの浴室

木田の家は浴室の施工に入りましたよ。

一般の住宅のお風呂はユニットバス全盛ですが、木楽な家のお風呂は、大工と左官による
手作りのお風呂が標準です。
e0273217_18301606.jpg

もちろん、好き好きがありますからユニットバスも選べますよ。

私の自宅の風呂も14年になりますが、板を貼り替えなければならないような傷みはありませんよ。
現場は、浴室の土台作りから始まります。
将来の配管などの更新に備えて床下は点検スペースがありますよ。
e0273217_18292619.jpg
e0273217_18290602.jpg
床ができると壁にヒノキ板を貼りますが、一番大事なことは壁の中に湿気を入れないことです。
防湿シートを必ず正確に施工することが肝心ですよ。
e0273217_18285281.jpg
e0273217_18284469.jpg
e0273217_18284018.jpg

今度は床や壁のFRP防水をレポートします。
それでは、また。

# by kirakunaie | 2016-11-29 18:33 | 姶良木田の家 | Trackback | Comments(0)

基礎工事始めました

先行配管の工事が終わるといろいろな業種の職人さん達が入りますよ。

まずは、浄化槽の設置業者。

指示した場所にバックホウ(パワーショベル)で埋設するための掘削をし、浄化槽の基礎の

コンクリートを打ち翌日には浄化槽を埋設して行きます。
e0273217_18111023.jpg
e0273217_18114209.jpg
e0273217_18114951.jpg
e0273217_18140750.jpg

ここ星原の家は、真南を向いて配置した為に宅地に対して平行な部分はどこにもありません。

しかし、基準線を出してしまうとあっという間に遣り方完成です。
e0273217_18112867.jpg
e0273217_18113273.jpg
e0273217_18113847.jpg

この現場は、残土処分の為の処理場が近いのでほぼ一日で床堀終了しましたよ。

来週は配筋の現場をレポートします。

それでは、また。

# by kirakunaie | 2016-11-26 18:16 | 加治木星原の家 | Trackback | Comments(0)

先行配管

明日からいよいよ寒くなりそうですね。
今までがあまりに暖かすぎて異常ではあったんですが...
e0273217_18103818.jpg
現場は基礎工事に入る前に先行配管工事を始めましたよ。
外部の土工事は着工前の方がお互いに仕事もやり易いうえに
機械が使えるので楽をします。
e0273217_18095929.jpg
e0273217_18100893.jpg
e0273217_18102292.jpg
後からの工事は足場が撤去された後に人力で堀り設置、埋め戻しに
なることが多いのです。
その為に綺麗に仕上げられた外壁などを汚してしまう場合があります。

なるだけ余裕を持って先行工事をしてもらうのがいいですよね。
明日から浄化槽の設置工事に入って行きますよ。

それでは、また。


# by kirakunaie | 2016-11-23 18:11 | 加治木星原の家 | Trackback | Comments(0)

加治木星原の家スタートです。

加治木星原の家を着工します。

北に高岡公園を望む田園風景の中の新興住宅地の1角です。

この自然の景色を楽しみながら家族4人が生活できる楽しいプランが出来ましたよ。

もちろん、家事楽仕様です。

今日は地鎮祭。大安のよき日を選びましたが天気予報も、今朝の天気も雨。

雨の中、地鎮祭用の竹をずぶ濡れで用意しましたが木田の家に続いて晴れ男がいたのか?

予定の一時間前には晴れ間も出てきましたよ。もしかして私?

いやいや、自宅の地鎮祭も上棟も雨にたたられましたから。
e0273217_16435000.jpg
e0273217_16452199.jpg
e0273217_16442914.jpg
e0273217_16442399.jpg

二人のお子さんかもしれませんね。晴れ女。

無事に地鎮祭も終了しました。これから浄化槽や、配管工事、基礎工事と始まります。

それでは、また。




# by kirakunaie | 2016-11-19 16:51 | Trackback | Comments(0)

造作工事

木工事も大詰めに近づきました。

もう完成?

いえいえ、これから家具工事が始まりますよ。

大工と建具屋さんのコラボレーションです。

Jパネルの杉板のカットと建具は建具屋さん。

建具屋さんの工場にはパネルソーという大型機械がありこれは材料を大量に

まっすぐに、更に直角のカットが正確にできるんです。

これによって、正確にカットされた材料を大工さん達が現場で組み上げていきますよ。

来週からは家具工事に入っていきますよ。


現場は柱をノミで刻み手摺板をはめ込むための手仕事をしています。

大壁の家では見られない仕事です。
e0273217_18494795.jpg
e0273217_18493790.jpg

出来あがるとどうやって入れたんだろう?と思うきれいな仕上がりです。

この家に住まう家族が喜んでくれるといいなあと思う瞬間です。
e0273217_18502014.jpg
e0273217_18502643.jpg
それでは、また。

# by kirakunaie | 2016-11-17 18:51 | 姶良木田の家 | Trackback | Comments(0)

木工事再開

先週現場は日吉の家の外構工事(巨大なウッドデッキ製作)の為社長より

大工応援を求められ日吉の家に出稼ぎ(?)に行ってもらいました。

その為木工事は中断の憂き目を見ていましたが、無事にデッキ製作を済ませ

月曜日より復帰しましたよ。

早速袖壁や建具が取り付く方立ての加工が始まりました。

やはり、大工のいる現場は活気があっていいですね。
e0273217_18212304.jpg
e0273217_18211801.jpg


昨日はインテリアコーディネーターを交え色決めの第1回目の打合せ。

外壁はしっかりとしたイメージを持たれていたのですんなりと決定!

白い外壁に木の軒裏や雨戸の戸袋がしっかりと映える外観になり、出来上がりが楽しみです。

後は浴室の御影石やタイルの選定、照明のイメージ聞き取りなどあっという間の3時間に及ぶ打合せが終了。

次回は照明器具の選定に入りますよ。

それでは、また。

# by kirakunaie | 2016-11-14 18:22 | 姶良木田の家 | Trackback | Comments(0)